業務案内

建物の空調制御(BA[ビルディングオートメーション])、および工場・生産ラインの自動制御(FA[ファクトリーオートメーション])の関連業務をお客様のニーズに合わせ設計・製造いたします。

最初の説明・作業流れ

異なる条件にある建物、工場にあわせてソフトウェア設計・ハードウェア設計から製造・現地サポート、アフターメンテナンスまで、一貫して行います。

技術1部

ビルディングオートメーション(BA)のハードウェア設計・自動制御盤の設計を担います。

パネル設計グループ

設計業務
お客様のニーズを踏まえた空調・動力設備の電気回路及びシーケンス回路の根幹部分の設計、機器選定を行ないます。

設計補助業務
CADを使って、設計担当者が設計した回路及び選定した機器が制御盤内に納まるよう配置し図面化します。

システムグループ

ビルディングオートメーションシステム(BA)の主装置である中央監視装置のハードウェア設計を行っております。

設計業務
お客様のニーズを基に中央監視装置に付随する部品や機器の選定及び配置、回路の設計を行ないます。

設計補助業務
CADを使って、設計担当者が設計した回路及び選定した部品や機器の配置を図面化します。また、使用している部品や機器の仕様書の作成も行なっております。

技術2部

ソフトウェアの設計、製作及び現地立ち上げまで一貫した業務を担います。

ソフトウェアグループ

ビルディングオートメーション(BA)やファクトリーオートメーション(FA)分野を中心にソフトウェアに関する全般の業務を行っており、主にPLC及びDDCと呼ばれる制御系コントローラのソフトウェア開発を行っております。 中央監視〜自動制御のシステム構築、制御仕様決定、仕様書作成〜ソフトウェア製作、社内試験、現場立上げからなる一連の作業を行ないます。

DDC(Direct Digital Controller)ソフトウェア業務
DDCとはデジタル式コントローラの事で、デジタル式制御機器の制御を行ないます。この制御部分のソフトウェアをファンクションブロックのようなグラフィカルな言語を使って開発しております。

PLC(Programmable Logic Controller)ソフトウェア業務
PLCとはCPUとメモリを内蔵した制御装置の事で、入・出力機器の制御を行ないます。この制御部分のプログラムをラダーシーケンス言語を使って開発しております。

ソフトサービスグループ

ビル施設・プラント施設において、施設設備の運転状態を監視するための監視装置関係の設計を行っております。監視装置とは室内の温度や空調機の運転状態等の情報をリアルタイムで一括集中監視することができる装置です。また、中央監視装置の監視対象である機器の名称や番号等を設定したデータベースの作成もしております。

ポイント設計
設備からの監視点を整理し中央監視装置のデーターベースを構築します。

グラフィック画面設計
中央監視装置での施設管理者が使用するグラフィック画面を作成しております。

PLC(Programmable Logic Controller)ソフトウェア業務
PLCとはCPUとメモリを内蔵した制御装置の事で、入・出力機器の制御を行ないます。この制御部分のプログラムをラダーシーケンス言語を使って開発しております。

製造1部

ハード・ソフトウェアの設計、製作から現地立ち上げおよび新規顧客の要望に対応します。
自動制御盤の製造から現場作業・アフターメンテナンス業務を担います。

製造グループ

設計部門で作られた設計図を元に「自動制御盤」を製作しております。 ただ「造る」と言っても、「“もの造り”は何たるか?」を常に追求しながら、プロの若手メンバーが“良い製品”、“良い品質”を造るべく品質を維持しながら、日々改善を繰り広げています。 そして、この製造部門は5つの工程に分業化されています。

サブ工程
制御盤製作で必要となる制御機器の機器シール、線番、紙銘板、また組み付けられる制御機器の員数チェック及び出庫、を工程のタイミングに合わせて作業を行ないます。

ケガキ・組付け工程
実生産ラインのスタートにあたるところで、サブパネルという制御盤内に入る鉄板を加工し、制御機器を組み付けていきます。

配線工程
ケガキ/組み付けが終了したサブパネルに対して、設計図に従って配線を行ないます。

まとめ工程
配線の終了したサブパネルを、制御盤筐体内に入れ、最終的な接続をし、完成品に造りあげます。

検査工程
完成品の動作確認はもちろん、全工程で行なった作業の確認をし、不具合が無ければ製品として出荷します。 不具合があった場合は各工程へフィードバックし、品質維持また次回同じ不具合を防ぐ為、対策を練っていきます。

エンジグループ

お客様からのニーズに基づいて、中央監視装置、リモート盤、制御盤、各種ソフトウェアの設計・製作及び現地立ち上げを一環して行っており、ファクトリーオートメーション(FA)、ビルディングオートメーション(BA)、送電線故障点標定システム等、業種は問わず対応させていただきます。また、既存のお客様だけでなく、新規のお客様からのご要望にもお応えします。

ユニット検査チーム

ユニット検査チームでは、お客様が安心して製品をご使用頂けるよう製品が正常に動作するか・機能に異常は無いかといった品質検査のほか、製品納入後に発生した故障に対する解析・原因調査を行なっております。

単品検査(製品・市場流通前検査)
対象製品をお客様へ納入する前に外観検査・動作試験などを行ない、不良品の納入を防ぐ為の重要な業務です。

不具合品調査解析
万一お客様に納入した製品で不具合が生じた場合、製品の修理と同時に原因究明を行い再発防止の提案と併せてお客様にお戻しする業務です。

製造2部

ビルの制御盤改造工事、自動生産設備の組立・配線等、客先の現場での作業を行っております。

フィールドサービス1グループ・フィールドサービス2グループ

ビルの制御盤改造作業
ビルの制御盤改造作業は現地の既設・新設のビルに出向いて改造作業を行ないます。通常、改造作業はビルに人がいない夜間・休日に行なう為、安全第一で作業を行なっております。

自動生産設備の組立・配線
自動生産設備の組立・配線作業は客先工場での作業となり、エンドユーザに納品する時の状態にセンサー(検出器)、コントローラ(制御機器)、アクチュエータ(操作器)の組立・配線を行ない、生産設備が正常に動作するかをチェックし、お客様へ出荷します。また、既設の設備の改造作業も行なっております。